自立学習支援塾林塾

判断力=自立した精神

0120-05-4730
0749-20-4730 受付時間 13:00~22:00 お問い合わせ お問い合わせ 塾長ブログ

学習法

かけた時間の割に結果が伴わない2020年4月27日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

-----------------

お子さまの家庭学習を観察していると、
かけた時間の割に
成果が出ていない。と
お感じになったことはありませんか?

この原因の話をします。

結論から申します。
これは、お子さんが伸びる勉強の方法を
学んだことがない。
これが最大の原因です。

もし、お子さんが塾に通っている。
あるいは、家庭教師をお願いしている
としたら、

そこの先生が、伸びる勉強の方法を
お子さんに指導してくれているか
よーーく確かめることを
オススメします。

「ねー、先生。どうしたら結果が出るのですか?」
この質問に、詰まるような先生は、
ダメ先生と考えてよいでしょう。

具体的に、こうしたらよい。
私は
「間違った問題が、次、解けるようになったら伸びます」
と答えます。

ワークを解く。

答え合わせをする。

間違えていたら、
赤ペンで、答えを写す。

終わり

これは、最悪の学習です。

赤ペンで答えを写すのは、
なんのためでしょう?

自分の書いた答えと
見比べるためです。

ですので、
自分の答えを消すのも、
最悪の行動です。

ペケを嫌がり、
○だけのテキストを良いものと
いう認識をされる生徒さんが
たまにいます。

「ペケは、今の自分ができていないところを
ワークが教えてくれただけ。

そのまま、ずーとできないわけではない。
今、できていないだけ。

次、丸が取れることが大事だよ。」

その子が、納得するまで
勇気をもって、
ペケを付けるまで、
伝えます。

今の自分ができていないだけ。
次に丸の取れる自分になる。
それが、自分の成長なのだ。

自分の成長に焦点が当たると
ペケが付けられるようになります。

話をやり直しに戻します。

自分と正解と見比べて
どこが間違っているか
チェックします。

もし、解き方が間違っていることに
気が付いたら、
なぜ、解説がそのような手順で
問題を解いているのか

その理由を考え、納得することが必要です。

納得したら、
何も見ないで、自分一人の力で
解けるようになっているか。

ノートの真っ白なところに
何も見ないで、自力で解けるように
なっているか、チェックしてみること。

できない問題ができるように
なっていたら、お子さんの成績は
上がります。

もし、解説を読んでも全く分からない
という場合は、

教科書を見る必要があります。
参考書で調べる必要があります。

ここまで読んで、
先生が全く登場しないことに
気付いていますか?

先生に質問するのは、最後の手段です。

もし、先生に質問できる環境があるなら、
質問のときのコツを伝えます。

「この問題が分かりません」は
最悪の聞き方です。

「この問題のここまでは、合ってるように
思うのですが、この先が分かりません」の
ように、自分が分かっているところと
分からないところを明確にして、
質問すると、

質問の効果が、格段に上がります。

これらのことは
林塾で、入塾後
当たり前になったか確認している点です。

このことができずに伸びることはありません。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■