自立学習支援塾林塾

判断力=自立した精神

0120-05-4730
0749-20-4730 受付時間 13:00~22:00 お問い合わせ お問い合わせ 塾長ブログ

ブログ

夏が勝負!とは2015年7月3日

こんにちは、やる気UPのプロフェッショナル
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

昨日は
「えっ?塾の先生がそこまで言うの??」と
思われるようにな話しをしましたが、
世間の多くの人がやってしまう、
不合格一直線の勉強法の話であり、
夏期講習を無駄にしてもらいたくないために、
あえて言いました。
(読んでいない方は、ぜひ昨日のブログをお読み下さい。)

あれをやってしまうと、
夏休みが終わった9月に青ざめる事になりますので、
注意が必要です。

夏休み中に成果を手にしたいなら、
まずは昨日お伝えした話を理解して、
あのような行動は慎む必要がありますよ。

私は本来、「不合格一直線ですよ」
などといった、怖い話はしたくないのです。
怖がらせるような事はしたくないのです。

しかし!塾業界全体を見渡すと、
今の時期って、どこの塾も家庭教師も

「夏が勝負ですよ!」

「合格する方法はこうですよ!」

としか言ってないと思うのです。

受験の最終結果は「合格」と「不合格」
という2通りがありますから、
合格だけではなく不合格という側面も
伝えるべきだと私は思っています。

合格の裏側とも言える「不合格」について
理解が深まれば、
危険な道を歩む可能性が減りますからね。

さてここからは、
合格の話へと入っていきます。

高校入試を突破し、憧れの志望校から
合格通知をもらう為には、
夏休みをどう過ごせばよいのでしょうか?

「夏が勝負!」とは言いますが、
何が勝負だと思いますか?

それは、夏期講習の目的は
弱点克服や
正しい勉強法を身につける!です。
これには演習時間が必要になります。

よって、大手塾の一斉授業や、
ただ単にコマ数を増えすだけの営業個別塾では、
夏が勝負にならないのです。

考えてみて下さい!

せっかくの夏休みなのに、一斉授業で、
またカリキュラム通りの授業を受けているのです。
学校と同じではないですか!

A君は、関数が苦手。B君は連立方程式が苦手。
それを画一的な授業で進めては時間とお金の無駄です。
復習ができないのです。

個別指導もコマ数を増やすばかりでは、危険です。
なぜなら、1回80分の授業で何ページ進めるかの
逆算のスケジュールが出来ていないところがあるからです。
結果、夏休みが終わった頃でも到達目標まで達しておらず、
8月下旬の実力テストで結果がでないのです。

これを理解していない塾が多すぎます!
これを理解できなく、何が「夏が勝負!」なのでしょうか?

ただし、一斉指導・個別指導・自立型指導がダメな訳ではありません。
きんとと上記の事を理解し、
メインの授業+演習や復習時間を設けている塾は
成果を出しております。

私の意見を塾選びの一助として頂ければ幸いです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730
  HPは、こちら
  http://www.eonet.ne.jp/~hayashijuku/index.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■