自立学習支援塾林塾

判断力=自立した精神

0120-05-4730
0749-20-4730 受付時間 13:00~22:00 お問い合わせ お問い合わせ 塾長ブログ

学習法

教えられて分かっても、成績は上がらない2020年7月21日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

-----------------

塾の先生に質問して、
「あっ、そういうことか」
と、納得する瞬間があります。
 
塾の先生は教えるのが上手です。
だから、生徒さんはみんな
塾に行けば、分かるようになります。

それって当たり前です。
塾ですから。

ここからが、
今日の中心。

でも、それだけじゃ成績は上がりません。

分かったことを
自分一人の力で解けるか確かめる。

日を開けて、もう一度解く。

このくらいやって
初めてテストで解けるようになります。

恥ずかしい話になるのですが、
林塾を立ち上げる前、
個別指導の教室長をやっていました。

教えるのが好き。というのもあり、
そりゃー、分かりやすく教えました。

でも、成績は上がらなかったんです。

私の説明を聞いて
「よく分かった!学校よりずっとよくわかる!」と
感心していました。

でも、成績が上がるのはごく一部の生徒だけ。

上がった生徒は
塾で教えてもらったことを
自宅でやり直しをしていました。

でも、大部分の生徒さんは
塾でも自宅でもやり直ししないんです。

いくら塾で、
すばらしい解説を聞いてもそれで終わり。

それでは、成績はあがりません。

今も個別指導塾というと
週に1回90分授業が一般的です。

これでは、成績があがるわけがないのです。

1対1で説明されるから、
よく分かるだけです。

だから、林塾では、
分かった後のやり直しができているか
塾長のチェックがいっぱい入ります。

今では、生徒さんたちが
やり直し、解き直しの大切さを
理解し、実行してくれています。

入りたての生徒さんの中には
まだ、その大切さに気付いていない子もいます。

でも、そのうち、気づきます。
そして、ぐんぐん成績を伸ばしていきます。

最近入塾の生徒さんが
240点台から390点台になって、大喜びされました。
(僕も鳥肌が立ちました)

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

ブロトピ:更新しました

計画学習のすすめ2020年6月11日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様を

お持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。
-----------------
計画的に学習する理由って考えたことは
ありますか?

皆さんは何度も「学習は計画的にするのよ」と
お子さまにおっしゃっていると思います。

計画的に学習することは大切です。
その理由をお考えになったことって
ありますか?

スポーツの世界でよく言われていますが、
「どんなに素晴らしい練習法であっても
選手が理解・納得して実行しても
効果は出ない」という格言があります。

これは、どの分野にも通用する原則では
ないかと考えています。
学習も例外ではありません。

まず、計画学習の必要性です。

定期テストが終わると、
各中学校で、「反省と課題」を書くことに
なります。

その時に、多くの人は
次のような反省を書きます。

・あまり勉強しなかった。
・数学が悪かった。
・単純なミスが多かった。
・漢字が書けなかった。

このようなモノは、残念ながら
「反省」でなく「感想」です。

反省になっていないので、
「課題」も出てきません。
そのため、意味のない課題が並びます。

・問題をよく読んでミスをしない。
・漢字の勉強をする。
・次はがんばる。

このようなモノでは、

対策の立てようがありません。
きっと、次のテストでも
同じことを繰り返すでしょう。

では、学習計画を立てた人の反省とは
どのようなものでしょう。

・リスニングの学習が不足していた。
・符号を先に考えてから計算すべきだった。
・地図を使った問題の取り組みが

 できていなかった。
・理科の重要語句と言葉の意味の暗記が

 足りなかった。

このようにとても具体的です。
当然、課題も具体的になります。

・毎日10分、リスニングCDを聞く。
・計算ミスの原因を明らかにする。
・白地図を用意して、

 地図の書き込み学習をする

このように具体的なので、

実行しやすいのです。
分かりやすいから、できるのです。

どうですか?
学習計画のできている人と

できていない人では
大きな差がつくことが

分かってもらえたでしょうか?

もう一つ、

毎日の学習項目が決まっていないと
ムラができてしまいます。

「昨日は、頑張って3時間やったし、
今日は気分がのらないから、やめた~」とか

机に向かってから
「今日は何の科目をしようかな」と考えてから
学習していたのでは、学習時間の割に

結果が出ない。
ということが起きます。

その日の学習内容が決まっていれば、
机に向かったときから、
スムーズに取り組むことができます。

余計なことを考えず、すべきことに
集中しやすくなります。

同じ時間を使って勉強するなら
より大きな結果が手にはいたほうが
楽しいですよね。

計画学習は、
「行き当たりばったりの学習」より
何倍もの効果を生み出します。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

間違うことから始まる2020年6月8日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様を
お持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。
-----------------

例えば、数学の授業で新しい公式を
習ったとします。

公式をどう使うか?
例題を使って授業や
教科書、参考書で説明しています。

そうすると次は基本問題を
やってみようかとなります。

このときの問題は、例題を真似をすれば
解ける問題だと思います。

数字を入れ替えるだけかもしれません。
でも、これがなかなか苦戦します。

使い慣れたお母さまや先生と違い
公式が自分の頭の中でなじんでいないので、
勘違いがあったり、

算数レベルの計算を
間違えてしまいます。

頭に余力、余裕がないからです。

できたとしても、
たどたどしかったりすると思います。

今回、知っていただきたいのは、

・最初はそんなもの
・それでOK

ということです。

説明をきいて、
最初からスラスラできるなんて
「そんな人いない」
「間違うことから始まる」

こう考えてください。
そんなの当たり前。

でないと、こんなこと思いませんか。

ちょっとやってできないと、
「できない」と言って
すぐにあきらめてしまう。

「間違うことから始まります」

もし、
「さっき、やったばかりだろ!」
「何度、間違ったらできるんだ!」

こう怒る先生がいますが、
最初はそんなもんでしょ。

こう、思っていてちょうどです。
もちろん、

いい加減にやっていたらダメですよ

できるまで、100回でも200回でも
間違えればいいんです。

目指すテストまでにできるように
なればいいんです。

今回は、間違うことから始まる
というお話でした。

こう考えると、リラックスして
のびのびと勉強することができます。

逆に、間違いを恐れると、
うまく吸収できなくなります。

以前、間違いを人に見られるのがイヤ。
という生徒さんがいました。

こういうことをしていると
間違いがどこか分からなくなり、
せっかく、できるようになる
チャンスを逃している行為だよ。

このように伝えたところ
その気持ちにすこしずつ
変化がみられるようになりました。

林塾は、
間違いに来るところ。

その間違いを、叱ったり、
からかったりする者はいません。

ですから、

少しずつ乗り越えていってほしい。
まずは、自学自習で練習をつんでください。

間違えてもバカにしたり、
怒ったりしないと信頼できる先生や
友だちと一緒にやるのもいいものですよ。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

6月になり、
中2、中1、小学生の
お問い合わせ、ありがとうございます。

7月中旬の期末テストに向けて
努力していきましょう。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

学校ワーク 課題を出す先生の意図2020年6月1日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様を
お持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

-----------------
さて、学校が再開し、
勉強を頑張っているあなた、
休み中の学校の課題は
どのように解きましたか?
 
各中学の課題一覧表を見ると、
ワークの◯ページから◯ページまで
解いて丸付けをして提出。
 
となっているところが多いです。
 

ここで、成果の出ないワークの取り組み方を
している人は要注意です。
 
あなたは、ワークを解いて
間違えた問題、
わからなかった問題があったときに
どうしていますか?
 
赤ペンで答えを写して分かったつもりに
なっていませんか?
 

こんな勉強法では、
成績は上がりにくいです。
 
え、でも、丸付けをして直しをして提出って
先生言ってたし。。。。。。
と思ってしまったあなた。

そういう風に思ったあなたに、
伝えたいことがあります。

何のために先生がワークを
課題としているのかを考えてみましょう。
 
→ワークの目的は、
あなたの学力を上げるためです。
 
つまり、間違えた問題や理解できていない単元を
できるようになってほしい、と思って出されます。
 
間違えた問題に❌をつけて、
解説の答えを丸写しして、
類題がテストで出題されたら、
あなたは解けますか?
 
せっかくワークを解いて勉強しているなら、
間違えが見つかることはチャンスです。
 
赤ペンで答えを写す前に、
解説をじっくり読み込んで、
どうしてそうなるのか
理解しましょう。
 
理解したら、何も見ないで
解き直しようのノートに、
自力でその問題を解き直してみること。
 
何も見ないで正解したらその問題は
できるようになったと
判断していいでしょう。
 
そのあと、考え方を整理するために、
ワークに赤ペンで答えを記入します。
 
間違えた問題に、どうアプローチするかが
学力を伸ばすために、必要なコトです。
 
ワークを提出することを目的にして
最初から最後まで答えを丸写しなんていう
勉強は勉強ではありません。

単なる作業です。
 
また。提出範囲の最初から最後まで
解き終わってからまとめて◯付けをしているあなた、
その方法ではなかなか、
学力は伸びませんよ

 
できれば、1ページごとに答えあわせをして、
なぜ間違えたのか、把握、改善してから
次のページに進むことです。
 
もし間違えた方法で
問題演習を進めていたとしたら、
答えあわせまでその間違いに気づけません。
 
気づかないまま間違えた方法で
ページを進めていると、
間違えた方法の練習になってしまいますからね。
 
つまり間違えた方法が強化されてしまいます。
 
答えあわせの仕方まで注意を払って
学力をつけてください。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

学校再開の準備2020年5月23日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

-----------------
今日は、前回に引き続き
暗記についてお伝えします。
 
暗記の技術とは、反復+速さです。

定期テストで、
高得点を取りたいならば、
「暗記の技術」は必須です。

つまり、定期テストでの高得点とは、
暗記の技術=高得点
と言っていいのです。

「どのように頭から出てくるか」
という所に意識を向けるのは
本当に重要です。

家庭学習する際に、
「自分で覚える」ということが
当たり前にできるようになると、
知識量も増えて、
得点アップに繋がります。

そして暗記をする際の
ポイントを解説します。

ポイント【速さ】

暗記をする際、
答えを出すまでの【速さ】が
重要です。

ですので、ある程度「覚えた」と
いう段階まで来たら、

今度は「高速でアウトプットできる」
という所を目指してください。

覚えたことは、
アウトプットできるに決まってるやん。
と思っている方は、
実際に、解いてみて下さい。

問題を読み終わったときに
答えややり方が、
頭からあふれ出てくる。という状態に
なっていたらOKです。

ただ答えられるだけではなく、
スラスラと答えられるという所を
最終的には目指してほしいのです。

以上が暗記に関する
重要ポイントになります。

暗記スキルをしっかり身につけて、
家庭学習の質を
上げてください。

教えてもらったところは
やり直して、すぐに答えが出せるように
なるまでスピードアップをして下さい。

必ず定期テストで結果が出ます。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

学校再開の準備2020年5月21日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

-----------------
今日は、暗記について書きますね。
 
ズバリ
暗記の技術とは、反復+速さです。

定期テストで、
高得点を取りたいならば、
「暗記の技術」は必須です。

つまり、定期テストでの高得点とは、
暗記の技術=高得点
と言っていいのです。

「どのように頭から出てくるか」

「思い通りに使いこなせているか」

という所に意識を向けるのは
本当に重要です。

ここで、一つ

確認です。

理解する。とはどういうことですか?

 

林塾では、

「理解できた」=人に説明ができること
と、定義しています。

まず、覚える=自分の頭に入れること

その後、自分の頭から引き出せることを

確認する。

 

学ぶには、段階が2つある。

ということを確認しておきます。

 

話を戻して、

家庭学習する際に、
「自分で覚える」ということが
当たり前にできるようになると、
知識量も増えて、
得点アップに繋がります。

そして暗記をする際の
ポイントを解説します。

ポイント【反復】

暗記をする際、
「ちょっとやってみたけど、
 ダメだ、覚えられない・・」と
諦めてしまう生徒さんが
たくさんいるのですが、

・反復が足りない

というケースが多いです。

具体的に何回やるのか?というのは、
取り組む教科によって異なりますし、
お子さんが勉強に慣れているか
慣れていないか、によっても異なります。

ですから、「何回やったらいい」
という一般論はないのですが、
ただ1つ確実に言えることは、

「しっかり覚えるためには
 反復が必要」ということです。

ですから、数回やったくらいで
諦めるのは早いので、
・暗記で結果を出すためには
【反復】することが重要

というルールを
おさえておいてください。
 
以下のことに関しては何度も伝えておりますが、
定期テスト前にそもそもワークが終わっていない。

だから反復できないのです。
授業を聞いたり、
分からなかったことを教えてもらい、
満足している場合ではないです。
 
自分自身で再現できるまで、
反復してください。

暗記スキルをしっかり身につけて、
家庭学習の質を
上げてください。

必ず定期テストで結果が出ます。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

かけた時間の割に結果が伴わない2020年4月27日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

-----------------

お子さまの家庭学習を観察していると、
かけた時間の割に
成果が出ていない。と
お感じになったことはありませんか?

この原因の話をします。

結論から申します。
これは、お子さんが伸びる勉強の方法を
学んだことがない。
これが最大の原因です。

もし、お子さんが塾に通っている。
あるいは、家庭教師をお願いしている
としたら、

そこの先生が、伸びる勉強の方法を
お子さんに指導してくれているか
よーーく確かめることを
オススメします。

「ねー、先生。どうしたら結果が出るのですか?」
この質問に、詰まるような先生は、
ダメ先生と考えてよいでしょう。

具体的に、こうしたらよい。
私は
「間違った問題が、次、解けるようになったら伸びます」
と答えます。

ワークを解く。

答え合わせをする。

間違えていたら、
赤ペンで、答えを写す。

終わり

これは、最悪の学習です。

赤ペンで答えを写すのは、
なんのためでしょう?

自分の書いた答えと
見比べるためです。

ですので、
自分の答えを消すのも、
最悪の行動です。

ペケを嫌がり、
○だけのテキストを良いものと
いう認識をされる生徒さんが
たまにいます。

「ペケは、今の自分ができていないところを
ワークが教えてくれただけ。

そのまま、ずーとできないわけではない。
今、できていないだけ。

次、丸が取れることが大事だよ。」

その子が、納得するまで
勇気をもって、
ペケを付けるまで、
伝えます。

今の自分ができていないだけ。
次に丸の取れる自分になる。
それが、自分の成長なのだ。

自分の成長に焦点が当たると
ペケが付けられるようになります。

話をやり直しに戻します。

自分と正解と見比べて
どこが間違っているか
チェックします。

もし、解き方が間違っていることに
気が付いたら、
なぜ、解説がそのような手順で
問題を解いているのか

その理由を考え、納得することが必要です。

納得したら、
何も見ないで、自分一人の力で
解けるようになっているか。

ノートの真っ白なところに
何も見ないで、自力で解けるように
なっているか、チェックしてみること。

できない問題ができるように
なっていたら、お子さんの成績は
上がります。

もし、解説を読んでも全く分からない
という場合は、

教科書を見る必要があります。
参考書で調べる必要があります。

ここまで読んで、
先生が全く登場しないことに
気付いていますか?

先生に質問するのは、最後の手段です。

もし、先生に質問できる環境があるなら、
質問のときのコツを伝えます。

「この問題が分かりません」は
最悪の聞き方です。

「この問題のここまでは、合ってるように
思うのですが、この先が分かりません」の
ように、自分が分かっているところと
分からないところを明確にして、
質問すると、

質問の効果が、格段に上がります。

これらのことは
林塾で、入塾後
当たり前になったか確認している点です。

このことができずに伸びることはありません。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

毎日、勉強していますか2020年4月25日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

-----------------
今、学校が休校となり、
何を中心にやったらよいか分からない。

と、お困りの声を聞きましたので、
ここで、お答えします。

中3生、中2生、中1生の順で
お話します。

数学を例にします。

中3生で、平均以上取れている方は
3年の教科書の例題を見て、
どんな計算をしているか読み解きます。

読み解けたら、類題、練習問題を解きます。
ここで、問題になるのが、
その問題が正解か、不正解かが
分からないことです。

大丈夫です。
本屋さんに行って、教科書ガイドを
買ってもらいましょう。

その中には、
丁寧に解説がありますし、
もちろん、正解も載っています。

もし、もっと詳しい参考書を
紹介してほしい。とお望みの方は
下のホームページのリンクから
林塾のホームページ 
→ スマホの方は、真ん中三本線 
→ 塾へのお問い合わせ

→ PCの方は、右上 塾へのお問い合わせ
→ 詳しい参考書が欲しいとお伝えください。
電話かメールで、お伝えします。

次に、中3生、平均点に届いていない方。
彦根地区なら、1月から、
1、2年の復習用の教材をお使いかと
思います。

そのテキストを最初から、進めます。
失礼ですが、平均点に届いていないので、
4ページの内、最初の2ページのみを
解き進めてください。

分かるところ。わかりそうなところを
完全に理解・納得するイメージです。

練習問題や入試にチャレンジのような
難しい問題は、今はやるべき時でない。
と割り切ってください。

中2生
1年のワークの復習をします。
ワークには答えが書かれていると
思いますので、ノートに解きます。

どうしても、書いている答えが気になる
という方は、ピンク色のロール付箋紙を
買ってもらい、2重に貼り付けましょう。
黒の文字も全く見えなくなります。

中2の最初は、計算から始まりますので、
一次方程式という単元まで復習します。

中1生
学校の教科書を使います。
例題 → 類題 → 練習 と進めますが、
類題と例題は、正解が分かりません。

本屋さんにいって、教科書ガイドを
買ってもらってください。

正負の数のたし算と引き算を2周、
勉強します。

2周が完了したら、
かけ算わり算に進むことを
オススメします。

習っていないことを
身に付けるには、2周か3周で
ちょうどいいんです。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾って、何?2020年3月30日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。
-----------------

先日、卒塾生の保護者の方から
「『自立』塾やから、
自分で、やる子じゃないともたないんやろ?」と
よく言われた。

と、教えてもらいました。

確かに、自立学習を支援する塾という名前なので、
そういう風に思われているんだな。
と考えさせられました。

そこで、本日は

林塾で、伝えていることを
順を追って、お伝えします。

まず最初、

塾長が三者懇談でどのような塾か説明します。

お子さまと保護者様が納得されたら、
体験授業を4回、受けます。

この4回の授業で、
お子さまは、1科目の伸びる勉強の方法を聞き、
実際にその方法で、勉強します。

体験の4回目が終わってから、
もう一度、三者懇談を行い、
お子さまに伝えたこと、
上手くいったこと、
(必要があれば、)不十分なことを
保護者様にお伝えします。

お子さまが、この方法でやっていける!と
思われた方は、ご入塾してもらえます。

この方法は無理。と判断なさったお子さまは
ここで、終了です。

まず、最初に伸びる勉強の方法を伝え、
その方法を良いと感じた方のみ
続けていだける訳です。

なにもかも、お子さま任せではありません。

塾長が正しい方法を伝え、
お子さまがそれを受け入れ、実践していただくまでは
手とり、足取り、お伝えします。

その後は、伝えた方法を使って、
正しい方法で学力をつける練習をしていただきます。

「自分で、やる子じゃないと、もたないんだろうか?」と
不安を持って、

体験授業を受けられたお子さま、保護者様は
たくさんおられます。

その中で、合わない。と感じたお子さまは
そこまでですが、

「これ、いけるんじゃないか!」と
思われた方は、その後、
自分で取り組むことができています。

林塾で、学んでいる生徒さんは

全員が最初から

「自分でやる子」だったわけでは

ありません。

 

伸びる方法を聞き、

その方法でやっていける。と感じて
「自分でやっていく」ようになったのです。

 

これで、誤解が解けるといいなと
思っています。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

大切なお知らせ
新中学3年生は、定員になり、募集を
終了しました。

新中2、中1、小学6、5、4年は
お席は残っています。
ご安心ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

分かっただけでは意味なない2020年3月23日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様を
お持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

-----------------
今日は、分かっただけでは意味はない。
という、ちょっと耳の痛い話をします。

よく、生徒と面談をしていて、
学校の授業を聞いて、分かっているか?

という質問をすると、
「分かる」という返事が返ってきます。

まるで、条件反射なの。と思うような反応を
する生徒がいます。
 

また、家庭学習で分からない問題が出てきたときに
解説読んで、理解できてる?

という質問をすると、

「理解できる」という
返事が返ってきます。

理解できたと言ったので、
確認テストをしてみると、
解けていない
というケースがよく見受けられます。

「分かる」と「できる」は全く別の力。
分かった気になってるのが、一番怖い。

これはどういうことかというと

学校の授業や家庭学習で
その時は、
『分かった気になっている』のです。

しかし、実際に問題が解けるように
なったのかを
確認していないから

「分かった」けど、「できない」という
問題が起るのです。

きついことを言います。
分かった! 理解した!
ということに価値はないのです。

分かるとできるは、別のモノ。
『理解できた』とは、
やり方を説明できること。と林塾では定義しています。

問題を解いて、正解が取れていること。
使いこなせるようになることが大事です。

理解しているのに、正解にたどりつけないのは
ただの勘違いです。

少なくとも、「理解できた」というのなら
その問題の解法を説明できるレベルに
達して初めて理解できたんだなぁ~。と
考えるべきです。

成績を上げたい。
学力をつけたい。
というのなら、

分かる と できる は全く別のモノ。
という認識を持ち、
できるようになるまで、
使いこなせるようになるまで
問題演習に取り組むことが大切です。

私ごとのなりますが、
私は、これだ!と決めた目標に対しては
達成するまで、たとえ達成できなくても
十分やったと満足するまでやりきることは
してきました。

今になって、振り返ると
そういう「やり切った」経験が
今の私の背中を押してくれているように
思います。

「満足できるまで、やり切る」

この経験が、子供たちが将来、
自分の夢や目標を実現していくための
大きな力になることは、
私だからこそ、伝えられると思っています。

成績アップ・学力アップはもちろんのこと、
塾生の3年後・5年後・10年後を思い描いて
「満足できるまで、やり切る」経験値を
子どもたちに与えていきたい。

そんなふうに考えています。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■