自立学習支援塾林塾

判断力=自立した精神

0120-05-4730
0749-20-4730 受付時間 13:00~22:00 お問い合わせ お問い合わせ 塾長ブログ

心構え

定期テストと実力テストの勉強法の違い2020年7月24日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。
-----------------

定期テストのような範囲が決まっている、
あるいは狭い範囲だとできるんだけど
実力テストのような範囲が広いテスト
になると、できなくなる方への
アドバイスです。

こんな悩みを持っている生徒さんは
とても多いです。

でも、心構え次第で
対応できるようになります。

まず、人の記憶には、
短期記憶と長期記憶があることを
覚えてください。

これは能力とかではなく、
人の脳の仕組みと考えてください。

短期記憶
例えば、
「明日、英単語テストをする。
この30個の中から10問出します」
と、言われたら

前日、当日に勉強しておけば、
なんとかなります。

終わったら、すっかり忘れた。
ということが起こります。(たぶん)

これが短期記憶です。

定期テストのような
範囲の狭いテストなら
短期記憶で乗り切れる生徒さんが
いらっしゃいます。

一方、
実力テストのような広い範囲のテストは
直前につめこむなんてことはできません。

量が多すぎるからです。

ですので、実力テストに
対応するためには、
長期記憶が必要になります。

長期記憶にするためには
どうしたら良いか。をお伝えします。

人の記憶
初めは全て短期記憶なのです。

それを繰り返していくことで、
長期記憶に変化していきます。

ただし、
忘れると生命の危険に影響すること
自分が興味のあることは
一度で、覚えて忘れません。

自分の好きなことは
すぐ覚えて忘れませんよね?

毎年、受験生が3月に受験をしますが、
直前になると、
「解けて、楽しい」と言う生徒が出てきます。

勉強もおもしろく感じると
どんどん入ってくるんですけど、
そこに行き着くまでには
とても時間と努力が必要です。

そこで、繰り返しの話になるのです。
何度も何度も繰り返すことで
最初、短期記憶だったものが
長期記憶に変化するわけです。

具体には
1、学校で授業を受ける。
その日にその範囲の学校ワークを解く。

2、週末に1週間の復習。

3、定期テスト前に3回、繰り返す。

4、夏休みなどの長期休暇で復習する

5、そして、中3の9月から受験勉強です。

こんな感じで繰り返し復習することで、
長期記憶になります。

問題集は、あれこれ1回ずつなんて方法は
やめてください。
1冊を繰り返して使いましょう。

得意な科目なら、3回
苦手な科目なら、7回がおすすめです。

今回は、記憶には2種類あること。
受験のためには、長期記憶が必要。
長期記憶にするためには、繰り返し。
ということをお伝えしました。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブロトピ:更新しました ブロトピ:今日の学問・教育情報

徹底的にやる2020年5月28日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生の
お子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。
-----------------
何事も徹底的にすること、
そうしようと思う気持ちって、大切です。

でも、徹底的にすること、
思い続けることは難しいです。

多くに人は、90%くらいまでできると、
満足してしまって、終了してしまいます。

でも、この残り10%、これがとても
大切だと考えています。

つまり
90%と100%は、0と100くらい違う
と考えています。

10%くらいいいか。と妥協をする。
ここにたくさんのほころびができます。

塾のことに例えますが、
生徒さんの定期テストの点数結果を
回収する時、
100%全員の分を回収するべきです。

例外を作り、
「これくらいいいか。ひとりくらいいいか」
という甘さがあると、
テスト結果を持ってこない生徒が
次から次へと出てきます。

つまり、10%の妥協が、

ゆるみや甘さを作り、
教室の雰囲気を作るのです。

林塾では、この雰囲気、空気を
大切にしています。

過去の先輩たちが作ってくれた
大切な空気、雰囲気です。

「ここに入ると集中できる」
「時間があっという間に過ぎました」

そんなことを言ってくれる
空気や雰囲気が大好きです。

だから、私もこの雰囲気を作っている
一員として、恥ずかしくないよう
この雰囲気をもっと良いものにできるよう
何事にも徹底的に取り組んでいきます。

90%で終わるか、100%までやりきるか
その10%が、伸びる塾か伸びない塾かの
分かれ目です。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

100%解けていますか、基礎の問題2020年4月7日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様を
お持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

-----------------
 

勉強とは、
『できないことをできるようにすること。』
林塾では、このように定義しています。

ただ、当然できるようにする問題のレベルは
その子の学力によって変わってきます。

学力が高い子が簡単すぎる問題を

解いても勉強にならないですし、
学力の低い子が難しすぎる問題に挑戦するのは
時間の無駄が多すぎます。

特に平均点に届いていない子は、
一度、基本に戻る必要があります。

どのテストも、基本的な問題を合わせれば、
平均点くらいになるようにできています。

例えば数学。
計算問題を全て正答すれば、それだけでかなりの点になります。
あとは大問の(1)をとっていけば平均点です。

「基本はできている。」
という場合は、

「100%正解できるか。」
と言われて即答できなければなりません。

厳しいことを言いますがと、
できたり、できなかったりでは
できていることにはならないのです。

やり方がわかっていても、
たとえ計算ミスでも間違えたら、×になります。
わからなくて答えを書かなかった場合と同じ扱いです。

もちろん、途中経過を見れば
やり方がわかっているのは伝わります。

でも、学校の先生にしてみれば○にはできない。
わかっていない子と同じ点にせざるを得ないのです。

こんなにもったいないことはありません。

勉強というと、
ついつい難しい応用問題に手を伸ばしたくなりますが、
まずは一段一段です。

基礎を正確に解く力。応用はその先にあります。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

なぜ、勉強をしなければならないのか2020年4月2日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。
-----------------

「国語なんて、新聞が読めれば十分だろ。」
「古典や歴史なんて実生活じゃ使わないし。」
「数学の証明が人生の何の役に立つのさ。」

保護者の方もお子さんから
なぜ、勉強って、しなければならないの?
と、聞かれたことがあるのではないでしょうか?

この問いには、真摯に向き合う必要が
あると考えます。

子どもたちは
多くの大人から
「あなたのためよ」とか
「あなたが将来、幸せに生きるためよ」と
聞かされてきたはずです。

「社会で役に立つには、勉強が必要。」
「勉強すれば、将来選べる選択肢が増える」

こういうことを聞かされると、
「自分が幸せになろうと思わなければ、
 勉強はしなくていいんだ。」と
考える子どもが増えます。

このように考えている子どもに
「あなたは、幸せになりたいって、思わないの?」
と、聞いても、

「別に・・・」という
答えが返ってくるだけです。

 保護者の方の数だけ答えがあるのですが、
私の考える、勉強すべき理由は
『応援される人になるため』です。

応援される人とは、どのような人でしょう?

何事にもひたむきに真剣に努力して、
取り組んでいる人だと私は思います。
 
多くの人から応援されることで
夢や目的が達成されるのだと思います。
 
そうすると、目の前のことに一生懸命
取り組めない人は応援されない。
 
ゆえに、夢の実現や目的の達成はやって来ない。
 
あなたの課題は、

今、目の前にある勉強をすること。
 
目の前の課題に真剣に取り組めない、
努力できないようなら誰も応援してくれない。
 
結果として、成功が遠ざかって行く。
 
あなたは応援される人になるために
今、努力できる人になる必要がある。
 
あなたが今、努力しなければならないのは勉強だ。
だから勉強しなければならない。
 
これは、私が生徒に、
ことあるごとに伝えていることです。
 
勉強が嫌いな生徒にとっては
なんとも嫌な考え方でしょうが、
学校生活を考えたときに
 
①本人にとって成績最悪の状態

②本人にとって満足いく成績の状態
 
どちらが学校生活をより楽しくするでしょうか?

当然②の方が学校生活は楽しいはずです。
 
つまり、勉強を頑張ることは
学校生活を楽しくするということです。
 
ぜひ、お子さんが納得できる
勉強しなければなならない理由を
保護者の方も持っていてください。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

面倒見が良い塾は、成績の上がる塾?2019年11月28日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

---------------------

成績を上げるために必要のことは何だと思いますか?
 
それは、正しいやり方で、僕って、私ってやれるやん。
という気持ちで、学ぶこと。

その後に、
自分自身で興味をもって目標に向かって進むことです。

まず、伸びる方法を知ること。
その方法を使って、実感すること。

実感するまでに
2日で、実感する人。
3か月で、実感する人。

それぞれいます。

最初は、今までやってきたことと
違うことをするので、
不安があります。

その不安を越えたところに
やれるやんという達成感があります。

越えた人にだけ味わえるんですね。
だから、伸びる方法を自分のモノに
してくださいね。

第2の
興味をもって目標に向かうこと

例えば、馬を水飲み場につれていきます。
水をそこで飲むかどうかは
馬がどれだけのどが渇いて、
水を欲しがっているかです。
 
これは、当然ですが
人間も同様ではないでしょうか?
 
本人がその気にならなければ、
周りがいくら躍起になって
教えようとしても
どうしようもありません。
 
本人をその気にならせるためには、
あまり周りが面倒見をよくしないことです。
 
学習塾の中には、親身の指導をしますとかを
キャッチにしている塾がありますが、
失礼を承知で申しますが、
親身な指導をするから成績が伸びないのです。
 
もう一つ、突っ込んでお話しすると、
ご家庭でもそうなのですが、
何から何までお母さんが指示しないと
何にもできないお子さんは成績がのびません。
 
塾でもそうです。
個別指導の最大の欠点は
1から10まで先生が指示してあげてしまうことです。
(以前、私が勤めていた塾がこの形態の塾でした。

その当時の塾生さん、本当に申し訳ない。

こういうことをしていたから、伸ばせなかったんだ。)

 
お子さんにやらせましょう。
お子さんには、失敗する権利がある。
そこから学ぶ能力もある。
と信じて、辛抱強く見守りましょう。
きっと自己管理のできるお子さんになります。
 
自己管理ができるお子さんは
目的意識がちがいますから、
勉強に関しても自分から積極的になります。
 
好奇心も旺盛になります。
 
こうなったらもうしめたもの。
あとはほおっておいても
どんどん課題をこなしていけるようになります。
 
これは放任主義とは全く違います。

周りの大人はお子さんをしっかり見守って、
必要ならば手助けをしてあげます。
 
そして、大事なことは、
 
     失敗を責めないこと
 
お子さんは人生未経験です。
いろいろ失敗をするでしょう。
勉強だっていつもいい点数を
とれるはずがないのです。

問題を読み間違えて
いつもなら85点とっている数学が
35点の時もあります。
 
完璧な人間はいないと分かっているのに、
お子さんには完璧を期待してしまうのは
どうしてでしょう?
 
そんな時、鬼の首を取ったかのように
 
ほ~ら、私が言ったとおりでしょ。
日頃から注意不足なんだからお前は。
どうしてこんな点数なの?
 
と責めると、
それでなくても落ち込んでいるお子さんは
どん底に落とされた気分になってしまいます。
 
そんな時もあるよ。

次回がんばればいいのよ。
と言ってあげれば、
お子さんは元気になって
次回はがんばるぞという気分になれるのです。

大きく成績を伸ばした生徒さんの
お母さんは口をそろえておっしゃいます。
「この子がやる。と言ったのを信じていただけです。」

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

人を行動に向かわせる原動力2019年10月29日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

意欲を向上させるものは行動
 

さて、人を行動に向かわせる
原動力は感情です。

では、その意欲を
向上させるものは何でしょう?

逆説的ですが行動なのです。

こんな経験はありませんか?
社内旅行か何かで温泉に行ったと
します。風呂あがりに誰かが
卓球台を見つけました。
誘われて、乗り気では
なかったのですが、断れず、
付き合うことになります。

ところが、次第に熱中して
気が付くと、汗だくになっていた。

そして、盛り上がってしまい
温泉宿卓球選手権などと
命名して仲間を巻き込んで、
トーナメントに発展たりして。

また、受験生だった頃のある冬の日、
深夜ラジオが流れる中、
妙に勉強に熱が入り、
寝るのが惜しくなり、
気がつけば空が明るく
なり始めていた。という
経験を懐かしく思い出す方も
いるのではないですか?

勉強なんか大嫌いで、
受験のために嫌々やっていたのに、
こんな不思議な夜を
誰もが何度か過ごしているのです。

人は行動するうちに

意欲を自家発電する

このように人は行動するうちに
意欲を自己発電するシステムを
体内に持っているのです。

つまり、意欲があるから
行動に移るのではなく、
行動するから意欲が湧き、
さらに行動に拍車がかかる。

それが正解です。

子供の学習意欲についても
同じです。

中学2年生の子は
必ず言います。

「3年生になったら勉強をする」

しかし、3年生になって
勉強することはありません。

「今度はゴールデンウィークが
終わったら勉強する」

やっぱり駄目です。
「夏休みになったら・・・」
「部活が終わったら・・・」

結局、ほとんど受験勉強らしい
勉強をせずに、中学生を終えてしまいます。

何故か。

この子は『勉強を始めるきっかけ』を
探しているのではなく、
『今、勉強をしなくてよい言い訳』を
探しているに過ぎないのです。

そして、その間は、
勉強をしていないので、
当然、学習意欲が湧きません。

だから、いつまでも行動に移せないという
悪循環を続けます。

こうして、先送り、先送りを続けている学生の
なんと多いことか。

来年の11月になって、焦っても
失った時間は取り戻せません。

まず行動に移すこと。
それが意欲を高める絶対条件

まず行動すること

・意欲があるから行動に移すのではない
・行動によって意欲を自家発電する
・先送りは意欲向上の敵である
・行動をする

本日は、
稲枝中・愛知中・豊日中の
2年生のお母さまに
向けて、お話しいたしました。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  http://www.hayashijuku.jp

 

  どんな先生なの? 

  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

途中式2019年9月28日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

 

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

 

『伸びるやり方と心構え』を伝えるプロ
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

 

本日は、途中式について
お伝えします。

 

中学校によっては
中間テストが終わった学校もありますね。

 

数学の話になりますが、
1年生と3年生は、計算が中心で、
2年生は文章問題と関数が中心でした。

 

計算が中心の1、3年はもちろん
文章題が出た2年生にも
伝わることかもしれません。

 

まず、そもそも、途中式は必要ですか?

 

お恥ずかしい話なのですが、
中3の11月まで、僕は途中式は
無くてもいいモノだと思っていて
ほとんど書かずに、計算をしていました。

 

中3、11月の実力テストで、
事件が起こりました。

 

計算ミスで30点くらいミスりました。
点数、ありません。

 

真っ青になりました。
12月末には、三者懇談があって、
進路が確定しますよね。

 

その直前のテストで、
やってしまいました。

 

とんでもないことをやってしまった。
(さすがにこれにはビビりまして)
それから、途中式を書き、
解くようにしたところ、
ミスなく解けるようになりました。

 

自塾で、塾生に
この話をすると、
こうはならないようにしようと、
途中式を書くようになってきています。

 

途中式は必要です。

自分の考えた道筋が見えます。

 

次、何をしていけばよいか
上の式が教えてくれます。

 

今、50点の生徒も、70点の生徒でも
同じことが言えます。

 

途中式を書くことで、
あと5点、あと8点アップするのです。

 

昨日の授業中にも
途中式を100%書いている生徒が
前より丸が増えた。と喜んでいました。

 

素直に聞いたことを実行する子は
伸びるのも速いですね。

 

当たり前(と思われている)のことが
当たり前になると、生徒の学力が伸びます。

 

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

 

林塾にはお子様が自分の力で成績を

上げる方法があります。

それが自立学習です。

 

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

下記の番号に電話をして、「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  http://www.hayashijuku.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

失敗してしまったら?2019年6月17日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

 

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

 

『伸びるやり方と心構え』を伝えるプロ
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

 

あなたは最近失敗しましたか?
僕は、しょっちゅうしています。
 
後から、こうしたらよかったのか?
あ〜だったらな~、などと
結構反省します。

 

そこで、
 
最後に必ず
思い出す言葉があります。
 
「人生つまづいてなんぼ」
 
つまづいてからが勝負なんです。
どう立ち上がるのか。
 
原因は?
改善法は?

転びそうな自分
転んだ自分を喜びましょう。

 

これくらいで済んでよかった。
最後に立てれば良いですから。

 

本日も、最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

 

林塾にはお子様が自分の力で成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

 

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

下記の番号に電話をして、「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  http://www.hayashijuku.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

負けに不思議の負けなし2019年6月14日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

 

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

 

『伸びるやり方と心構え』を伝えるプロ
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

 

1学期の中間テストの話です。

 

この生徒さんは、全学年の2学期 期末
3学期 期末 と、英語を15点ずつ上げていました。

 

それが、今回、15点、下がりました。

 

努力をしていても、
伸びることも、下がることもあります。

 

二人で、反省会をしたときに
「英語が下がったね。
 何か原因はあるのかな?」と
尋ねると、

 

「英単語の練習をしませんでした」
とのこと。

 

「何故しなかったの?」
と質問すると、

 

「数学に力を入れたかったので、
 単語練習をしないことにしました」
と答えました。

 

 

この生徒さんに限ったことでは

ないのですが、
2回か3回、うまくいくと
「これくらいなくても、いけるかな。」
という変な自信(?)が出てきます。

 

次回に向けての改善点を
聞いたところ、
「英単語は必ず、覚えます。
 私には必要なことです」と
強く決意してくれました。

 

自分がうまくいった原因や行動の中に
これは抜かしちゃだめだよ。
というのが、あるんだと思います。

 

この生徒は、
単語練習をしない。と決めて、
学習をしてみたが、
自分の望まない結果になった。

 

だから、単語練習は大事。ということに
気づけたんだと思います。

 

他人からのアドバイスに素直に
耳を傾けられる生徒もいれば、
アドバイスに耳を貸さない子もいます。

 

でも、どちらの子でも、
自分で気づいたことは
受け入れます。

 

そうして、
成長をしていくんだと、信じています。

 

この生徒さんは
これ以後、単語の練習不足という
状況は作らないだろう。

 

一度、負の経験をして
改善点が発見できれば、
正しいことを確認できるはずです。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

 

林塾にはお子様が自分の力で成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

 

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

下記の番号に電話をして、「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  http://www.hayashijuku.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

中3の生徒の成長 その22019年5月23日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

 

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

 

『伸びるやり方と心構え』を伝えるプロ
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

 

この生徒が入塾したのは去年の10月です。
ワークの使い方が大変、雑な生徒さんでした。

 

テスト範囲が出たら、
ワークの最初から最後まで、解く。

 

解き終わったら、
一度に、丸付け。

 

間違った問題は、赤で答えを写す。
おしまい。

 

これを、読んで、
お子さんも同じ方法で
やっているのなら、
この後の方法を
お伝えください。

 

1.ワークは1ページ解いたら、
  答え合わせをする。

 

2.間違った問題は、赤で答えを写す。
  自分の書いた答えと正解を見比べる。
  間違った個所を探す。

 

3.ノートに間違った問題をやり直す。

 

以上、3点の改善を
この生徒に伝えました。

 

また、心構えの話として、
1回目のワーク学習の目的は
できる問題とできない問題を分けること。
と伝えています。

 

また、勉強とは、
できないところをできるようにすること。

 

椅子に座っていることが勉強ではない。
このことを何度か伝えました。

 

かなり時間がかかっていますが、
この生徒さんは
やり方が分かってきました。

 

部活で疲れていると
ダークな面が出てきて
前の悪い方法を使うときも
ありますが、8割は伝えた方法で
できるようになっています。

 

行動を変えたことで
得点もよくなっています。

 

実は、行動を変えることは
勇気がいるんです。

 

変えて、うまくいく保証がないからです。

でも、今の状態を変えたい気持ちが
強いと、その勇気は、わいてきます。

 

丁寧に解くんだよ。を
林塾の言い方で伝えるとこんな風になります。

 

本日も、最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

 

林塾にはお子様が自分の力で成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

 

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

下記の番号に電話をして、「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  http://www.hayashijuku.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■