自立学習支援塾林塾

判断力=自立した精神

0120-05-4730
0749-20-4730 受付時間 13:00~22:00 お問い合わせ お問い合わせ 塾長ブログ

理念

成績をあげるのは「手」2020年7月28日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

-----------------
勉強に限らず、何か成果を出すのは
「耳」で話をきくことではありません。

「手」を動かすことです。

1学期 期末テストで結果を出した生徒さんたちは
毎日、手を動かしていました。

夏期講習のお問い合わせで、
「手取り足取り教えてほしい」と
いうご要望をおっしゃったお母様が
おられました。

おそらく、先生が詳しく説明してあげたら
分かりやすい説明をお子様が聞いたら
成果が出る。と信じておられたのだと
思います。

こういう時、
「本当に教えてほしいのでしたら、
近くの個別教室に行った方がいいです」と
お答えします。

そして、
「お子さまが自分から調べるように
なってほしい。
伸びる勉強のやり方を聞いて、
成長して欲しいのなら、
林塾に来てください。」と
お伝えしています。

これを聞いたお母さまは

きょとんとされます。

それはそうです。
ご自身が正しいと思っていたことが
お子さまにとって、マイナスで、
別の方法が正しい。と
言われるわけですから
驚かれるわけです。

私の言ったことを
受け止めて下さった
保護者さんと生徒さんは
続けられます。

受け入れられなかった方は
別のところに行かれます。

私は、魔法使いでないので、
できないことは「できません」と伝えます。

でも、できます、と言ったことは
守りますし、守ってきました。

きっと、これって私の塾の価値観だと
思います。

全国的にも「教えない塾」という
言葉がよく聞かれるようになりました。

今日の題名の
成績を上げるのは「手」のように

まさに「手」を動かすことが大事と
いう塾が増えているということだと
感じています。

「目」,「耳」のみの勉強は
分かった気になって終わり。
なのです。

自分の手を動かして
解けることを確かめる勉強こそが
成績を上げるのです。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

ブロトピ:更新しました

9年目の誕生日2020年3月14日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

-----------------
 

2011年3月13日に、林塾は産声を上げました。

昨日は、当塾の「開校記念日」なのです。
今でも、あの日のことを覚えています。

開校の2日前に、東日本大震災が起こりました。

3月11日14時46分

このときに、ちょうど看板を付ける作業を
してもらっている時で、
めまいか、立ちくらみのようなものを感じました。

開校まで日がなく、連日、準備や用意に
奔走していたので、
「疲れているんだな」と思い、
休息を取るために、いったん、帰宅しました。

そして、テレビをつけて、地震のことを知りました。

毎年、3月13日は、今も無事生きていて、
そして、目の前の生徒のために役に立てる。

そういう当たり前のことに感謝をする日になりました。

今までに、今も、たくさんの生徒さんが林塾に来て
学んでくれています。

このように学べることも、
決して当たり前のことでなく、
感謝できることなんだよ。と
昨日のホームルームで伝えました。

ウンウンとうなずいて聞いてくれた生徒が
いたので、話してよかった。

伝えてよかった。

そんな思いをして迎えた9年目の3月13日。
私にとって、あの時の気持ちに戻してくれる
大切な日です。

『出会いは、奇跡。一人ひとりを大切に』。

ということで、
本日より、10年目のスタートです。
気持ちを新たに今日も一日、頑張ります。

本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 
   滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  https://www.hayashijuku.jp

    どんな先生なの? 
  https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

学ぶ理由を答えられる人になりたくて2019年1月5日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

 

こんにちは、『伸びるやり方と心構え』を伝えるプロ
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

 

林塾で使用させて頂いている
教材を開発されている会社から送られてきた
冊子があります。
 
昨日じっくり読んでみると、
巻頭インタビューでの桑田真澄の考えが、
まさに林塾の目指す指導だと思いましたので、
簡単に要約をさせて頂きますね。
(桑田さんと同じことを考えているなんて光栄で)

 

 

桑田真澄「指導者は伴走者」
 
野球に限らず日本のスポーツ指導者には、
自分の実績と経験に頼る人が多い。
 
僕も、小学生の頃から、
“バットは最短距離で出して打つ”といった指導を
「野球の常識」として教えられてきました。

 

ところが、僕が
「なぜそうすべきなのか」という質問をしたときに、
きちんと答えてくれる指導者は1人もいなかった。
 
彼らは「いいからやれ」と言うだけで、
指導の内容について
明確な根拠を示すことができなかった。
 
だから僕は、大人になったら子どもの
“なぜ”に答えられる指導者になりたかった。
 
以上

僕は勉強もスポーツも同じだと思います。
子どもによく言うんですけど、
「君たちはできないのではなく、
 まだやり方を知らないだけ。
 やり方さえわかれば簡単にできるよ。」
 
「君が上手になるにはこうすればいいんだ。
 なぜなら理由はこうだから。」
そんな言葉をかけるためにも、
僕たち大人は勉強を続けなければいけないんです。
 
大人は対処法がわかっているから
「ああしろこうしろ」と言いがちですが、
あくまで「何が問題なの?」
「どうしたいの?」と
ひたすら聞いてあげる。

 

解決法を全部教えるのではなく、
導いてあげることが重要です。
 
同時に大人からの声掛けは
とても重要だと思います。

 

30点しか取れない子がいても、
決してダメだとは思いません。

40点を目指せばいいんです。

「40点を目指して頑張ってる君はすごいぞ、
 格好いいな」なんて言葉をかけるだけでも、
やる気が違ってくると思います。
 
とはいえ、
子どもの自発的なやる気を引き出すのは
大変ですよね。
ではどうしたらいいか。

それは
“自分でどうしたいのかを決めさせ、
 言動に責任を持たせる”ことが大切です。
 

再び、桑田さんの言葉

 

僕は練習に身が入らない子がいたら
「練習に集中できてないみたいだし、
 今日はもう帰った方がいいんじゃないか?」
と言います。
すると大抵の子は
「大丈夫です、頑張ります」と答える。
「集中できないとケガをするかもしれないよ。
 本当に大丈夫?」
「はい、ちゃんとやります」
「よし、自分でやると決めたんだから
 できるよな」という具合に意思を確認します。
決して「やめろ」とか「帰れ」とは言いません。
 

 

桑田さんも「科学と情熱の融合」ですね。

「なぜ」に答えられる科学的根拠が必要なのです。

 

その一方で情熱がなければ、
子どもたちを導けません。
 
ここの事を肝に銘じて、
初仕事を始めます。

 

本日も、最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

 

林塾にはお子様が自分の力で成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

 

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

下記の番号に電話をして、「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  http://www.hayashijuku.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

林塾の自立塾って、何がいいの?2018年2月2日

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者様へ

 

こんにちは、『伸びるやり方と心構え』を伝えるプロ
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

 

林塾では、勉強を教えていません。

 

昔は一生懸命教えていた時期もありました。
でも、驚くくらい、結果は出ませんでした。

 

先生がどんなに教えても、
生徒自身が聞く気や学ぶ気がなく、
受け身の姿勢でいる限り、何も伝わらなかったのです。

先生だけが熱くなる、片想い状態。

そりゃそうですよね。

 

生徒は、勉強が好きじゃないんです。

 

生徒は、勉強が楽しくないんです。

 

生徒は、何のために勉強するのかわかっていなかったんです。

 

 

どうやったら、生徒の成績が伸びていくのか。

 

どうやったら、生徒は勉強を好きになるのか。

 

自立を目指して、試行錯誤する日々が続きました。

そして、見つけた答え。

それは“子どもたちを信じること”でした。

 

子どもは、無限の可能性の種を持っています。
ですが、何もしなければ種は種のまま。
芽を出すことも花が咲くこともありません。

 

子どもの可能性の種を見つけるためには、
種が芽を出すためには、

やはり親や先生のサポートが必要です。

子ども達を信じることでできるサポートって何だろう?

 

そこで、コーチングの手法を取り入れ
先生自身の質問力を磨いていきました。

 

すると子どもたちは、
自ら考え、勝手にその答えを探し、
自分の中から素晴らしい回答を導き出すようになりました。

 

 
長時間の勉強はできないと思っていたのは、私。

子ども達は教えられないと勉強できないと思っていたのも、私。

平均点が30点の子に90点なんて無理だって思ってたのも、私。

 

全て、大人が制限を持ってしまっていたのです。
子ども達は、ちゃんと自分の中に答えを持っていたのです。

 

自分でも気付かない答え。
自分でも知らなかった想い。

 

可能性を信じて待ってあげる勇気さえあれば、人は育ちます。
成長意欲のない子どもなんていないのです。

子ども達は先生の言った通りではなく、

先生のやった通り学んでいきます。

 

今ではコーチングの他、
行動心理学、脳科学etcの勉強をみっちりしています。

 

そして何より、
現在進行形で学びを楽しみ、
実践し、成長し続ける“生き様で魅せる”教育を徹底しています。

 

だからこそ成しえることができている塾だと、
手前味噌ながら、誇りを持って指導に当たらせて頂いています。

 

本日も、最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

 

新中3生 残席が1名になりました。

もし、林塾が気になっているという方が

いらっしゃいましたら、

いますぐお電話でお問い合わせください。

 

林塾にはお子様が自分の力で成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

 

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

下記の番号に電話をして、「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112 滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
  HPは、こちら
  http://www.hayashijuku.jp

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■