自立学習支援塾林塾

判断力=自立した精神

0120-05-4730
0749-20-4730 受付時間 13:00~22:00 お問い合わせ お問い合わせ 塾長ブログ

ブログ

戦略のある勉強②2019年11月21日

心構え

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様を
お持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

林塾の理念

自己紹介

-----------------
先日は、
ローテーション作戦+「何のために」を考えた
学習計画のことを
お伝えしました。

また、土台を固める。
できない人はいない。
ということも伝えました。

《得点力をつけるには》

問題集をやっていて、採点をした後、
どのようにしていますか?

赤で直して、やりっぱなし。
なら、この後の話は、役に立ちます。

① 確実にできた。(自信があって、丸だった)
② 分かっているのに、ミスをした。(自信があるのに、×だった)
③ 分かっているのに、思いだせない。(取れるはずなのに、×だった)
④ なんとなくできた。(自信はないが、丸だった)
⑤ 分からなかった。解説読んで、理解(自信なく、×だった)
⑥ 分からなかった。解説読んでも、理解できない(自信なく、×だった)
この中で、優先順位をつけるなら、

どれを1番にしますか?

1位 ② です。

②は、「分かった、理解できた」というレベルまで来ています。
これを、「できる」というレベルにするだけです。

しかし、「分かる」と「できる」は、違います。
分かった問題が、全て丸になっているなら、
自分のとりたい得点を取っているはずです。

何度も言いますが、
「分かる」と「できる」には雲泥の違いがあります。
分かっていても、出来なければ、×です。

⑥の状態と同じと思われていると言えば、
この状態がどれだけもったいないか
分かると思います。

同じような問題が出たときに
「分かっていたのに…」とならないために
1度やって、「できた」と思わず、
確実に「できる」ようになるまで、
3回、繰り返しましょう。

日を空けて、3回「できた」問題は、
いつでも解くことができる問題です。
ここがポイントです。

小さな塾から大きな希望が生まれる塾
本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112
滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
HPは、こちら
どんな先生なの?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■