自立学習支援塾林塾

判断力=自立した精神

0120-05-4730
0749-20-4730 受付時間 13:00~22:00 お問い合わせ お問い合わせ 塾長ブログ

ブログ

分かっただけでは意味なない2022年6月20日

学習法

彦根市・愛荘町・豊郷町で、
小学生・中学生のお子様を
お持ちの保護者様へ

伸びる勉強の方法がある。
それを知ってから
稲枝という所で
その方法と心構えを
子どもたちに伝え
僕って、私って、こんなにできたんだ。
という自信を持って、
社会に羽ばたく生徒を育てたい。

このような思いで
教育で世直しをしています
『伸びるやり方と心構え』の伝道師
自立学習支援塾 林塾の松枝 義法です。

今日もブログを読んで頂き、ありがとうございます。

林塾の理念
https://www.hayashijuku.jp/blog/rinen/

自己紹介
https://www.hayashijuku.jp/blog/jikoshoukai/
-----------------
今日は、分かっただけでは意味はない。
という、ちょっと耳の痛い話をします。

よく、生徒と面談をしていて、
学校の授業を聞いて、分かっているか?
という質問をすると、
「分かる」という返事が返ってきます。

まるで、条件反射なの。と思うような反応を
する生徒がいます。

また、家庭学習で分からない問題が出てきたときに
解説読んで、理解できてる?
という質問をすると、

「理解できる」という
返事が返ってきます。

理解できたと言ったので、
確認テストをしてみると、
解けていないというケースが
よく見受けられます。

「分かる」と「できる」は全く別の力。
分かった気になってるのが、一番怖い。

これはどういうことかというと
学校の授業や家庭学習で
その時は、
『分かった気になっている』のです。

しかし、実際に問題が解けるように
なったのかを
確認していないから
「分かった」けど、「できない」という
問題が起るのです。

きついことを言います。
分かった! 理解した!
ということに価値はないのです。

分かるとできるは、別のモノ。
『理解できた』とは、
やり方を説明できること。と
林塾では定義しています。

問題を解いて、正解が取れていること。
使いこなせるようになることが大事です。

理解しているのに、正解にたどりつけないのは
ただの勘違いです。

少なくとも、「理解できた」というのなら
その問題の解法を説明できるレベルに
達して初めて理解できたんだなぁ~。と
考えるべきです。

成績を上げたい。
学力をつけたい。
というのなら、

分かる と できる は全く別のモノ。
という認識を持ち、
できるようになるまで、
使いこなせるようになるまで
問題演習に取り組むことが大切です。

私ごとのなりますが、
私は、これだ!と決めた目標に対しては
達成するまで、たとえ達成できなくても
十分やったと満足するまでやりきることは
してきました。

今になって、振り返ると
そういう「やり切った」経験が
今の私の背中を押してくれているように
思います。

「満足できるまで、やり切る」

この経験が、子供たちが将来、
自分の夢や目標を実現していくための
大きな力になることは、
私だからこそ、伝えられると思っています。

成績アップ・学力アップはもちろんのこと、
塾生の3年後・5年後・10年後を思い描いて
「満足できるまで、やり切る」経験値を
子どもたちに与えていきたい。

そんなふうに考えています。

追伸
林塾は、現在
消毒やマスク着用など必要な
措置をとって、対面での指導中です。

オンラインもやりましたが、

1.塾長の熱が伝わらない。
2.生徒さんの問題点やお困りごとを発見できない。

この2つは、私が学習塾をやる上で、
これができないのなら、やらん方が良い。
と思っていることです。

毎日、次亜塩素酸で消毒。
生徒さんが来られる度に、
アルコールスプレーをして
思いを伝え続けています。

小さな塾から大きな希望が生まれる塾
本日も、最後までお読みいただいて、
ありがとうございます。

林塾にはお子様が自分の力で
成績を上げる方法が
あります。それが自立学習です。

その方法を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせ下さい。

下記の番号に電話をして、
「体験学習したいです」と
おっしゃってください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

自立学習支援塾 林塾
【住所】521-1112
滋賀県彦根市金沢町616-22
【電話】0749-20-4730  0120-05-4730
HPは、こちら
https://www.hayashijuku.jp
どんな先生なの?
https://www.youtube.com/watch?v=2e287ClJV34

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■